HOME > 不動産に関するご相談 > お悩みワンポイントアドバイス

お悩みワンポイントアドバイス

こんな問題やお悩みで、頭を抱えていませんか?

例えば、こんな場合のワンポイントアドバイス! 

売りたい土地が、調整区域だから売りにくいと言われた…。
確かに調整区域は制約が多くて売りにくいものです。しかし、諦めることはありません!当社のネットワークを最大限に活用すれば、条件によっては市街化区域並の条件で売れる場合もあります。ぜひ一度ご相談ください >>
土地の評価額が、実際に取引されている価格と大きく違う?!
適正価格を知るにはどうすればよいの?
土地の価格は、大きく分けて固定資産税課税標準額相続税路線価取引実例価格の三価格が知られていますが、どれが正しいとは言えません。ただ、適正価格というものがあります。実際の土地がどのようなものかをお聞きすれば、その適正価格をお答えすることができますので、ぜひ一度ご相談ください >>
相続した土地を売りたいが、相続人の共有持ち分が複雑でどうすればいいのかわからない…。
相続人が多かったり、第三者の権利設定があると、いろいろなことが複雑かつ面倒なもので、解決策は千差万別です。一度ご相談いただければ、お客様の状況にマッチした「売却までの解決策」を分かり易くご説明いたします!ぜひ一度ご相談ください >>
遊休地があるが、今は売りたくない。どんな用途に使うのが一番利益が出るか教えて欲しい。
遊休地は何もしなくても税金は払うことになりますので、活用するに超したことはありません。出来るだけ少ない投資で活用できる方法はいろいろありますので、ぜひ一度お考えを聞かせてください。ご希望にそったその土地の最適な活用方法をご紹介いたします。ぜひ一度ご相談ください >>
貸している土地を、定期借地権に切り替えることはできる?
旧法では、正当事由がなければ借地契約の解除はできませんでしたが、平成四年に借地借家法が改正され、正当事由を要しない定期借地権が新設され、最近ではかなり一般化してきています。旧法での契約でも条件次第で切り替えることは可能ですので、ぜひ一度ご相談ください >>

上記以外にも不動産に関する問題やお悩みはいろいろあると思いますが、不動産問題の解決には「専門家の目」が大きな力となります。「もう少し早く相談していれば…」ということにならないよう、できるだけ早く専門家に相談し解決することが大切です。

具体的な「相続に関するご相談例」と「不動産売買に関するご相談例」もぜひご覧ください。

もっと早くに相談しておけばよかった…。なんて後悔をする前に、
まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
このページのトップへ戻る