公示地価

 例年通り彼岸明けに地価公示が発表されましたが、今年の話題としてマスコミ各社はその下落率の大きさを取り上げていました。確かに昨年までの上昇が逆転したのですから、下落率が大きく出るのは当然ですが、この間の日本の不動産価格の急回復は、長期にわたる下落で割安感のあった都市部不動産へ、外資とりわけアメリカの金融資本などによる投資拡大が契機になったものといわれています。そこへ今回のサブプライムショックで、資金の引き上げを余儀なくされたことが大きく響いていることは想像に難くありません。日本とアメリカはこんなところでも一蓮托生になっていることを思い知らされます。
 一方、今回最大の下げ幅を記録している愛知県では、トヨタ自動車不振の影響と言われていますが、不動産の価格も人の意欲などのメンタルな要素を色濃く反映したものとなっているようです。
 こんな暗い状況を吹き飛ばすように、WBCで侍ジャパンが2連覇達成のニュースが入ってきました。新年度は明るい展望を期待していきたいものですね。

土地を売りたい・買いたい。建物を建てたいなどの情報をお寄せください。 資格も資金もいりません。あなたのお持ちの情報が高収入につながります。詳しくはホームページのパートナー編へアクセスください

O_S012.jpg
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
others
admin