2人の中川さん

 一人は酩酊風記者会見の財務相、もう一人は小泉元総理の懐刀だった元幹事長。どちらも政局になりかねない状況を作り出していますが、どちらかといえば秀直さんの方が政治家らしい感じがします。昭一さんの方はどんな理由があろうとも、国際会議の後の記者会見が酩酊に見えるようでは、政治家として失格という他はありません。まして、今は国際経済の立て直しに当たって、もっとも日本の動向が注目されているときに、日本の指導者のだらしなさを満天下に示してしまった罪は重いと言わなければなりません。当然のことながら、次年度予算の衆院議決後に引責辞任を表明しましたが、結果が国際的に残ってしまうことだけは確実です。一方の秀直さんは、ことの善悪は別にして郵政民営化に関わる問題についてはブレがなく、一つの考え方があることが見て取れます。麻生総理が何につけ考えにブレが見えることと対照的ですが、政治家としての矜持だと思います。
 ただ、自民党のコップの中の嵐はもうやめて、国民の信を問うことが最大の経済対策であることは、アメリカのオバマ政権も認識しているようです。昨日来日したヒラリー・クリントン国務長官が、小沢一郎民主党代表と会談を予定していることがそれを表していると思います。
 大阪人の挨拶「もーかりまっか」ではないけれど、経済がうまくいかないと暗くなるばかりです。これ以上日本を暗くしないようにするにはどうしたらいいのか、政治家に決断してもらいましょう。残された時間はほとんどありません。何かあってからでは遅いことを自覚してほしいものです。オバマさんは大統領就任後まだ1ヶ月も経っていないというのに次々と手を打っています。麻生さんは総理就任後5ヶ月も経って、いったい何をしているのでしょうか。国民のいらだちはもう限界だと思いますが。

中西ACのパートナーになってください。何の資格もいらずリスクもなく、情報を教えてもらうだけで、契約につながれば報酬が受け取れます。詳しくはホームページへアクセスを
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
others
admin