オバマ大統領

 米国では、今日オバマ新大統領が就任しました。、さて。最悪状態の経済をどう立て直しするのでしょうか。日本と違って、米国は大統領の交代で高級官僚はすべて入れ替えになりますから、従来の政策に拘束されることがありませんので、文字通りチェンジが可能ですが、対テロ政策や、金融政策などは大きく変化することが囁かれています。中東戦争もつかの間停戦状態のようですが、どんな政策が出るか固唾を呑んでいるのかも知れません。
 日本では、官僚組織が強い力を持ちすぎたせいか、自浄能力に欠けてしまい組織を守ることに汲々としているように見えます。けれども、歴史的に見れば、これまで官僚は国民の生活をよりよくし、国力を強くすることに力を発揮してきました。いまでも若手官僚の中には高い志を持った職員が多くいると思っています。彼らはおそらく、渡り鳥よろしく転々と天下りして私腹を肥やす高級官僚OBたちを潔しと思っていないはずです。
 渡辺喜美代議士が、麻生内閣の官僚改革後退に抗議して自民党を離党し、元キャリア官僚の江田憲司代議士や高橋洋一東洋大教授らと国民運動の核を作り始めたのは、日本も官僚の制度を変える時期が来たのかも知れません。もはや麻生総理が何を言おうが今年9月までに必ず実施される総選挙は、日本の歴史を変えるものになるのかも知れないとの予感がします。悪しきアメリカに追随する日本VS歴史を変えようとフロンティア精神へ戻ろうとしているアメリカ。何とも好対照に見えてきますが、働きたくても働く場がなくなってしまった労働者を、麻生さんが救えるとは誰も思っていない日本は、歌を忘れたカナリアのような気がしてきました。
P3280045.jpg
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
search this site.
tags
archives
others
admin